日々の生活の流れ

子どもたちの生活

登園 9:00〜

おうちの人と一緒に登園します。保育者は、一人ひとりと顔を合わせて迎えます。支度を整えて元気に幼稚園の生活が始まります。

子どもが自分で決めて行動します。

遊ぶ 9:15~

クラスや年齢をこえて、園庭や保育室で自分の遊びをみつけます。誰と何をして遊ぶのかは、子どもが自分で決めて行動します。一人で遊ぶ時も、友だちと遊ぶ時も、じっくり遊びに取り組めるように、保育者たちが見守り支えます。

クラスごとの活動 11:00過ぎから

かたづけの後、クラスで集まって年齢にふさわしい活動を行います。絵画制作、ゲーム、わらべ歌遊び、音楽活動、表現活動、リトミック、体を動かす活動など

みんなちがってみんないい

お弁当 12:00頃から

おうちのかたの手作りのお弁当をクラスでいただきます。お弁当は体の栄養だけでなく、心の栄養でもあります。讃美歌とお祈りをささげて神さまの恵に感謝してからいただきます。食後はまた元気に遊びます。

降園前の集まり 13:30

身支度を整えて、しばらく静かな時を持ちます。歌ったり、絵本を見たりしたあと、一日の園生活が守られたことに感謝して祈り、帰ります。

降園 14:00

さようなら またあしたね

預かり保育 (名称:まつぼっくり) (月・火・木・金 14:00〜16:00)

子育て支援の一つとして預かり保育を実施しています。
やむを得ない場合は、16:30まで延長が可能です。定員各日10名予約制です。

※通常保育の流れです。諸事情により変更することがあります。